東京赤坂入国管理局業務入管取次業務を行う行政書士

忙しくて入管に行けない

安心の行政書士にお任せください

当事務所は1994年から入管取次業務を行っており実績・経験が
豊富です。
また東京・赤坂に事務所がありますので、仕事の合間にお気軽にお立ち寄りいただけます。

こんな事でお困りではありませんか?

当サイトは、入管取次業務の申し込みができるWebサイトです。

入管取次業務や在留カードに関するお電話でのご相談はお気軽に

TEL:03-3585-2331 月?金曜日 10時?18時

「行政書士 高田章子」行政書士に依頼するメリット

みなさんに代わって必要書類を作成し、申請・許可証印の受け取りまで行います。
仕事などで忙しい方や、面倒な手続きが良くわからないという方は、
ご自身で手続しますとかえって時間や労力ばかりかかってしまいます。
面倒な作業は信頼できるプロである行政書士にお任せください。

こんな事ができます

  • 在留期間更新許可申請
  • 再入国許可
  • 在留資格認定

(印紙・立て替え実費を除く手数料)手続内容によって異なります。ご相談ください。

入管取次業務や在留カード「行政書士 高田章子」手続きの流れ

まずは、FAXか電話でご連絡ください。

  1. 面談をしてご相談の内容をおうかがいします。
  2. 提出書面の作成及び提出書類の収集・アドバイスをします。
  3. みなさんに代わって入管に申請を行います。
  4. 許可の連絡葉書を受け取り、証印をもらいに入管に行きます。
  5. あたらしいVISAが証印されたパスポートをみなさんにお返しします。

こうした手続きは手馴れていない方が行なうと「調べるのに一苦労」「時間を作るのに一苦労」「うまくいかない場合の対処で一苦労」と苦労だらけです。慣れない分精神的にもストレスを抱えてしまいます。
むしろ入管の提出書類作成や申請作業はプロにお任せして、本来の仕事に注力すれば、その分稼げますし、とても効率良かったりもします。
入管申請を行なう予定のある方はぜひご検討ください。

 

今年7月から始まる新制度「在留カード」交付手続も承ります

 

「在留カード」とは?
  7月9日から「在留カード」という制度が開始されました。中長期滞在者に対して、上陸許可や在留資格の変更、在留期間の更新許可などの在留に関する許可にともなって、入国管理局で交付されます。
皆さまに代わって交付手続も承ります。よく分からないと悩む前にまずはお気軽にご相談ください。

とにかく時間がない、手続がよくわからない、プロにお任せした方が時間もお金も有効に使えます。

入管取次業務や在留カードのご相談はお気軽にお電話にてどうぞ

TEL:03-3585-2331 月?金曜日 10時?18時

行政書士 高田章子について

 行政書士 高田章子1994年から入国管理局業務を主に行ってきました。
言葉がわからない、手続きがわからないという理由で、VISAが取得できない方達のお手伝いをしてきました。
日本に暮らして、日本を好きになっていただける一助になればと思い、みなさんの立場に立って、一緒に考え、お手伝いをします。
お気軽に、ご相談ください。


~みなさまへのメッセージ~

日本が定める在留資格(VISA)の多くは、高度で特殊な能力がある人にだけ認められるという高いハードルがある上に、入国管理局をはじめとする日本の行政庁は、審査にあたり正確な書面やエビデンスの提出を求めます。
日本でVISAを得ようとする外国籍の方は、日本語や日本のルールをよく知らないために、能力がありながら許可が得られないことがあります。

 

今までご相談に来られた方達とは、私のそれまでの経験と、さらに 一緒に新たなアイデアを出し合いながら、希望するVISAを取得してきました。
できることはとことんやって、可能性を追求していく。これからも、そんなVISAのサポーターでいようと思います。

港合同法律事務所

東京都港区赤坂2丁目14番13号 シャトレ赤坂5階

電話番号:03-3585-2331
FAX番号:03-3585-2330

東京メトロ千代田線 赤坂駅徒歩1分

当事務所は1994年から入管取次業務を行っており
実績・経験が豊富です。

また東京・赤坂に事務所がありますので、仕事の合間にお気軽にお立ち寄りいただけます。

ページの上部へ戻る